MENU

プロペシアは「保険適用外」ってホント?

プロペシアは医薬品ですが保険適用外になってしまいます。

 

病院で入手しようと思った場合、医療保険が使えない自由診療扱いになり、薬代だけではなく、診察料や検査などすべて自己負担になってしまうんですね。

 

一般病院ですとおよそ月々7,000?10,000円かかるとされていますので、かなり大きな負担になってしまいます。

 

ではプロペシアをもっと安価で入手する方法はないのでしょうか?

プロペシアを安価で入手する方法

「プロペシアをできるだけ安価で入手したい!」というのであれば個人輸入がおすすめです。

 

個人輸入とはいっても自分で海外から取り寄せるのではなく、代行業者に依頼することになります。この方法であれば薬代+送料のみですので病院よりもかなり安くなるでしょう。

 

さらに個人輸入代行業者では、「フィンペシア」などのプロペシアのジェネリック品も扱っていますので、そうしたジェネリック品を選ぶとさらに安く入手することが可能です。
また、海外から取り寄せとなることで送料が気になりますが、送料無料の業者も多く、大きな問題にはなりません。

 

ただし、個人輸入の利用はすべて自己責任になります。万が一、副作用などがあってもすべての責任は自分で取らなくてはいけません。

 

個人輸入はAGAクリニックで診察を受けてからのがおすすめ

先ほどお伝えしたように個人輸入には、低価格であるがゆえの高いリスクがあります。また、薄毛の原因は人それぞれです。

 

もしかしたら、あなたにはプロペシアが適さないかもしれません。
では一般病院で検査をしてからと考えがちですが、一般病院は専門医が診察してくれるわけではないんですね。

 

プロペシアを処方するだけという病院がほとんどです。ではどうするかですが「AGAクリニック」で診察を受けるのがおすすめです。

 

AGAクリニックでは専門医による専門的な検査を受けることが可能であり、あなたにプロペシアが適しているかを判断してくれます。

 

ですので、まずAGAクリニックで診察を受けた上で、プロペシアを使用することになれば、費用対策のため個人輸入に切り替えるのがおすすめです。

 

まとめ

プロペシアは保険適用外になりますので高額になりがちです。
安く入手するには個人輸入を利用するのが一番ですが、リスクも存在します。

 

まずはAGAクリニックで診察を受け、自分にプロペシアが適しているかを確認してから、月々の費用を抑えるために個人輸入に切り替えるのがおすすめですよ。