MENU

プロペシアの副作用にはどんなものがあるのか?

プロペシアはAGAの治療薬としては高い効果が期待できる薬です。しかしその分、副作用を感じる場合もあるので、服用の際には充分その点について理解しておく必要があります。

 

まず可能性として考えられるのが、発疹や躁鬱、勃起不全などです。

 

また体のだるさやむくみなどを感じる人もいますが、これはその人の体質や体の調子にも左右される場合が少なくありません。

 

基本的に吐き気などの症状に関しては、それ程強く出ない場合は飲み続ける事によって体が慣れて行くのでそれ程気にしなくても良い場合が多々あります。

 

湿疹などの場合はもしかしたら自分の体がプロペシアに対してアレルギー反応を起こしている可能性もあるので、なかなか良くならない、違和感を感じると思った時は服用を中止する事も必要です。

 

ただプロペシアの副作用は確かに報告されていますが、全ての人が感じるという訳ではありません。また人によっても症状の出方、重さなども違っているので、周りの人がこの状態だから自分もきっと副作用が出るだろうと言って心配する必要もないと言って良いでしょう。

 

ただ時には体の調子が悪かったり、肝臓に負担を掛けているという可能性も否定できないので、不調が続くという時は服用を取りやめて病院で診てもらう方が安心です。