MENU

プロペシアを飲まなくなると抜け毛が増えるって本当?

AGAに有効性が認められているのがプロペシアですが、この薬に関してよく言われているのが、飲まなくなると薄毛が再発するというものです。

 

それは本当のことであり、服用を止めてしまうとまた薄毛になってしまう可能性が高いのです。飲まなくなると薄毛になる理由としては、プロペシアは根本的にAGAを改善させる働きがある薬ではないからです。

 

プロペシアは薄毛を引き起こしている特定の物質を生成させないようにする為の働きがある治療薬なのですが、あくまでも飲んでいる時だけ問題の物質を抑制することができ、飲まなくなるとまた薄毛を引き起こす物質が増加してしまいます。

 

ですから服用を中止してしまうとまた薄毛になってしまう可能性が高く、薄毛を予防したいと考える限り、ずっと飲み続けていった方が良いとされているのです。

 

飲み続けることが不安な場合の対策法もありますが、まず服用回数を減らしてみることです。基本的には毎日飲むことが推奨されていますが、それを2日に1錠といったペースにしていっても現状維持ができることもあります。

 

もしくはノコギリヤシといったサプリメントを利用する方法も挙げられます。サプリメントですので効果は正式に認められていませんが、しかしプロペシアのように働き掛けてくれる可能性があると見られているのです。