MENU

AGA治療薬の種類にはどんなものがあるの?

現在、aga治療薬として効果が認定されているものは2種類のみとなります。それは「フィナステリド」と「ミノキシジル」の2つ。

 

この2つは日本皮膚科学会の男性型脱毛症のガイドラインで、最高の「A判定」を受けています。

 

それでは、フィナステリドとミノキシジルの特徴について見て行きましょう。

フィナステリドについて

フィナステリドは前立腺肥大症の治療薬として開発された薬になります。ですから、もともとは薄毛治療の薬ではないんですね。

 

服用中の患者に「毛が生えるようになった」という症状が見られるようになったため、薄毛治療に使用されるようになりました。

 

agaのおもな原因は「DTH」という男性ホルモンとされますが、フィナステリドにはDTHの産生に必要な「5α-還元酵素」を阻害する働きがあります。

 

そのため、DTHの産生が抑えられ薄毛の進行を阻止することができるんですね。フィナステリドは発毛といよりも「予防」という目的で使用されます。

 

もちろん発毛効果も見込めますが、一番の目的はaga予防になるんですね。

ミノキシジルについて

ミノキシジルもフィナステリドと同様に、もともとは薄毛の治療薬ではありませんでした。

 

高血圧患者のための血管拡張剤として使用されていたんですね。なぜ血管拡張剤が薄毛に効果的なのかというと、頭皮の血流が良くなるため、髪に栄養が行渡り成長を促すためと考えられています。

 

ミノキシジはフィナステリドとは違い、「発毛」を目的として使用されます。外用薬と内服薬があり、内服薬のが効果が高くなりますが、その分、体への負担が大きくなりますので注意してください。

まとめ

現在、aga治療薬として効果が認めれているのは、「フィナステリド」と「ミノキシジル」の2つのみです。

 

フィナステリドは「予防」、ミノキシジルは「発毛」を目的としていますので、両方を同時に使用するのが効果的です。